イライラや不安から抜けだすpms治療~症状改善でHAPPY~

女性

女性特有の不調

悩み

pmsは月経前に起きる体や心の不調全般のことで、多くの女性が経験する症状です。治療は薬で症状を緩和させる手法を取ります。症状に合わせて鎮痛薬や向精神薬、少量用ピルが投与されます。またサプリメントや漢方薬などもあります。

詳しく読む

月経前症候群の改善法

困る

生理前、女性ホルモンのバランスが変化する事で起こるpmsは、ピルで治療する事が可能です。ただし、毎日服用しなければ症状を、緩和する事は難しいでしょう。ピルはpmsだけでなく、生理痛など月経困難症の治療としても処方されています。

詳しく読む

そのイライラの原因とは

女性

いま、悩んでいる人が多い「pms」は、注目が高まってきているので、これからたくさんの治療方法がでてくると考えられます。また、pmsは、食生活の改善やアロマ・ナッツ・半身浴などで予防・軽減することができます。

詳しく読む

女性のつらい悩み

多岐にわたる原因

悩み

月に一度、生理の2週間〜10日前に女性に起こる不定愁訴をpmsと言います。症状は多岐に渡っていて、頭痛やめまい、胸のハリや痛み、便秘などの身体に出る症状や、イライラや不安感、わけもないのに泣きたくなるなどの精神的な症状もあります。pmsが起こる原因は女性ホルモンの分泌量の変化だと言われていて、治療方法は低用量ピルの服用をしたり、症状に合わせて鎮痛剤や抗うつ剤を処方する投薬治療などがあります。他にも漢方薬を使った治療が有効だというひともいれば、ハーブティやアロマなどで身体の不調や精神の乱れを落ち着かせるという方法を選択する人もいます。pmsの症状は200種類にも及ぶと言われているため、治療の方法も多岐に渡っているのです。

生活習慣を見直そう

pmsの治療を投薬に頼るだけではなく、自分でも改善を目指しましょう。女性ホルモンの乱れは、日ごとの生活習慣の乱れが原因でもあります。人間関係や仕事でストレスが溜まっていたり、夜更かしや寝る直前までパソコンやPCを使い生活を行っていると、自律神経が乱れます。自律神経の乱れは女性ホルモンの分泌を乱す要因ともなるため、まずは根本の原因ともなっている生活習慣を見直すことから始めましょう。生活習慣の見直しは病院での治療の妨げになることはありません。pmsだけではなく、美容や健康にもストレスがない生活や自律神経の働きが整っていることは重要なポイントとなります。軽い運動をしてストレスを解消したり、しっかりと睡眠をとるようにしましょう。